ブルーレイレコーダーを安く買うコツ」タグアーカイブ

【決定版】ブルーレイレコーダーを安く買うコツ

この記事ではブルーレイレコーダーを安く買うために「安く買うコツ」を解説しています。

「安く買うにはどうしたらよいかな?」と考えていらっしゃる方に向けた記事になります。

ブルーレイレコーダーを安く買うコツ

ブルーレイレコーダーを一番安く買うコツは、前年や前々年に発売された型落ちを買うことです。

2018年現在、ブルーレイレコーダーの性能は、技術的には成熟しています。毎年新しいレコーダーは発売されていますが、スマホのように機能・性能が飛躍的に向上しているわけではありません。

少なくとも、1~2年以上前に発売されたレコーダーでも最新のレコーダーと大して変わりません。安ければそれだけでお得なのです!

新製品の発売直後に買うことのデメリット

新製品を発売直後に買うのは結構リスクがあります。

まず、発売直後は値段が高すぎるということです。

発売から半年ほど経つと安くなります。これについては、ブルーレイレコーダーの安い時期の記事でも解説しています。

次に、発売直後はレビューが出揃っていないので、購入判断材料が乏しいということです。

思わぬ不具合に出くわす可能性もありますので、賢明なお買い物をする人は、しばらく様子見するはずですね。

型落ちレコーダーを買うことのメリット

この記事のポイントは、「良質なレコーダーを判断材料が出揃うのを待って購入する」ということです。

決して売れ残りを選ぶということではありませんし、最近発売されたレコーダーを来年まで待って買うわけではありません。

1~2年前に発売されたレコーダーを、今欲しい方が今選ぶことができるということです。

発売から1年以上経つと、アマゾンや楽天の商品レビュー数も出揃っています。

優秀で売れ筋のレコーダーとそうでないレコーダーでは、レビューの星の多さや、コメントの内容が異なりますから、購入の判断材料とするには丁度よい時期なのです。

しかも、時間が経っている分、安くなっているということです。

これが一番重要なポイントですね。評価の高いレコーダーを安く買うわけです。しかも、性能も最新レコーダーと大きく変わらないわけですから、お得なわけです。

人とは違う賢い買い物ができるわけですね!

まとめ

  • 新製品より型落ちのほうが安くてお得
  • 型落ちも新製品と性能は大して変わらない
  • 型落ちはレビューが豊富で安心できる