スタンダードモデル」タグアーカイブ

【迷い人必見!】2018年の安くておすすめなブルーレイレコーダーはこれだ!

2018年の標準的なレコーダーを解説します。

標準的なブルーレイレコーダーとは

結論からいうと、安くて、2~3番組同時録画できる【2~3チューナー・500GB】が最もスタンダードなブルーレイレコーダーだとサイト管理人は考えています。

世の中の大半の人たちが選ぶブルーレイレコーダーとは、日常生活でそれなりに使えて、余計な機能が付いておらず、お値段が安いものだと思います。

amazonや楽天においても、【2~3チューナー】が売れ筋上位なので、これらがよく選ばれていることがわかります。

500GBは最も容量の少ない部類のレコーダーですが、標準画質(DRモード)で約60時間分、3倍モードで約180時間録画できます。たくさん録り貯めなければ、500GBでも十分です。

2チューナー・500GBの価格の目安

・めちゃくちゃ安いときで、32,000円くらい。
・かなり安いときで、35,000円前後。
・普通に買いやすくなったときで、40,000円を切るくらい。
・発売直後の高いときで、45,000円以上。

※ブルーレイレコーダーの安い時期については、ブルーレイレコーダーの安い時期の記事でも解説しています。

2~3チューナー・500GBのおすすめのブルーレイレコーダー

それでは、順番にご紹介していきます。

1. パナソニックDMR-BRW550(2チューナー・500GB)

スタンダードモデルに限らず、数あるブルーレイレコーダーの中から当サイトが最もおすすめしているのが、このDMR-BRW550です。

パナソニックから2018年4月にBRW550が発売されました。BRWシリーズは、パナソニックレコーダーでも安価で高性能なレコーダーです。2014年のBRW500、2015年のBRW510、2016年のBRW520と発売され、BRW550は最新型です。

2018年4月に発売されたばかりですが、もうすでに4万円を切って売られています。2018年6月17日現在、amazon販売で39,000円程度。

2. パナソニックDMR-BRT530(3チューナー・500GB)

2017年秋に約5年ぶりに【3チューナー・500GB】レコーダーが発売されました。ハードディスク容量が少ない分、3チューナーレコーダーをとても安く買うことができます。

イメージとしては、【2チューナー・500GB】よりも半ランク上という感じ。【3チューナー・1TB】だと、ワンランク上で、値段も1万円以上高くなってしまうのですが、【3チューナー・500GB】だと少し高くなる程度でしょう。

2018年内にどこまで安くなるか気になりますが、【2チューナー・500GB】の最安値(30,000~32,000円)より数千円は高くなると予想しています。

2018年6月17日現在、amazonでは、39,000円程度とかなりお買い得。

3. シャープ AQUOS BD-NW510またはBD-NW520(2チューナー・500GB)

2018年6月現在、シャープ製が、【2チューナー・500GB】の中で最も安い状況になりました。

性能的にも非常にスタンダードでシンプルなレコーダーですが、とても安いのが特徴。2018年6月現在、BD-NW510はamazonにて3万円前半で売られていて、【2チューナー・500GB】レコーダーでは一番安いレコーダーです。

BD-NW510は2016年発売モデルですが、2018年6月現在33,500円程度、後継機のBD-NW520は36,500円程度とかなりお安い。

在庫があるうちは、2016年モデルのBD-NW510を選んでしまったほうがお得です。性能も2017年モデルのBD-NW510とほとんど変わりません。

ちなみに、2017年くらいから、シャープ製のレコーダーがamazonでかなり安く売られるようになってきました。パナソニックよりも安いときが結構あります。

番外編おすすめレコーダー

パナソニック DMR-BRG1030(6チューナー・1TB )

6チューナーというと、高価なレコーダーに見えますが、異様に安くなっていたので紹介。

同時に6番組録画でき、容量は1TB(1000GB)。価格はamazon販売で48,000円程度(2018年6月17日現在)。

2~3チューナー価格にたった1万円プラスで、6チューナーが買えてしまう時代になるとは。性能からしてこの価格は安すぎるので、とりあえずご紹介しました。

ただ、この機種は、上述のレコーダーと違って長時間録画するときでも、いったんDRモード(標準画質)で録画されるので、多番組同時録画の際は、容量の圧迫には一応注意しましょう。

アマゾンのプライムビデオやNETFLIX、huluなどのサービスを利用しようと思っている方へ

スタンダードなレコーダーを探しつつも、アマゾンのプライムビデオもテレビで見たい!という方もたくさんおられると思います。

しかし、この記事で紹介しているスタンダードなレコーダーでは、アマゾンのプライムビデオやNETFLIX、huluを利用することができません。

その解決策は、ブルーレイレコーダーとは全く関係ない話になりますが、amazonから発売されている「Fire TV Stick(※1)」(4,980円くらい)を購入すれば、プライムビデオやNETFLIX、huluなどのビデオサービスを利用することができます。

【※1】Fire TVは、ブルーレイレコーダーを介さず、テレビに直接接続するものなので、サービスの利用上、ブルーレイレコーダーは全く関係ありません。ブルーレイレコーダーが無くても、「Fire TV Stick」だけあれば、アマゾンのプライムビデオなどをテレビで見ることができます。

3チューナー・2TB(2,000GB)などの高級モデルのレコーダー(60,000円くらいする)には、これらのサービスを利用できる機能がついていますが、プライムビデオなどを見るために、わざわざそんなに高いレコーダーを買う必要はないのです。

ブルーレイレコーダーは普通の安いもの(35,000~40,000円)を選んで、「Fire TV Stick」(4,980円くらい)を別に購入したほうが、高いレコーダー(60,000円くらい)を選ぶよりも、トータルで安く済みます!

別々に買えば、レコーダー+Fire TV Stick+HDMIケーブルの合計で40,000円くらいで済みます。

AmazonビデオやNETFLIX,hulu等に対応しているブルーレイレコーダー特集!の記事にて詳しく解説していますので、気になられたらこちらもご覧ください。

まとめ

この記事のまとめは、次のとおり。

  • 【2~3チューナー・500GB】が2018年のブルーレイレコーダーのスタンダード
  • パナソニックから【2チューナー・500GB】レコーダーがなくなった
  • amazonプライムビデオなどのサービスはFire TV Stick等で別途対応可能
  • レコーダー本体にはHDMIケーブルが同梱されていないので別途買う必要がある