Q&A」カテゴリーアーカイブ

よくある質問

Q)チューナー数とは?

A)同時に録画できるチャンネル数のことです。チューナー数が多いほど、レコーダーの価格は高くなります。標準的なレコーダーは2チューナーを備えています。

Q)ハードディスクとは?

A)レコーダー本体に内蔵されている記憶装置のことです。容量が多いほどたくさん録画できますが、レコーダーの価格も高くなります。標準的なレコーダーは、500GBを備えています。

Q)ブルーレイレコーダーの大きさは?

A)かなり小さいので、初めて見る人はちょっと驚くかもしれません。ブルーレイレコーダーは精密機器ですが、テレビなどの重量物と違い、小型かつ軽量なので、ネット通販でも安心して購入することができます。
例:40cm×20cmくらい(厚さ:約4cm)

Q)テレビのメーカーと合わせたほうが良いの?

A)テレビと異なるメーカーのブルーレイレコーダーを選んでも全く問題ありません。テレビを録画したり、ブルーレイディスクを再生するなどの主だった用途なら、ほとんど気にしなくても大丈夫。なお、一部のメーカーには、同ブランドの液晶テレビとの連携機能がありますが、これらの機能のために、わざわざ同ブランドのレコーダーを買う必要性はないでしょう。それよりも、性能と価格で選んだほうが賢明です。
●シャープのAQUOSは「タイムシフト機能」で、録画中の番組を一時停止や巻き戻したりすることができます。
●東芝のレグザは、東芝製テレビ間での外付けハードディスクの共用などができます(SeeQVault™)。

Q)どのメーカーのブルーレイレコーダーが良いの?

A)次の理由でパナソニック製が一番良いと思います。
●製品のラインナップの多さ(メーカーが力を入れている証拠)
●性能の高さ
●価格の安さ
次点では、ユーザーインターフェースが優れている点で、ソニーが良いと思います。メーカーに強いこだわりがなければ、パナソニックを選ぶのが一番無難です。

Q)チューナー数とハードディスク容量はどれを選んだら良い?

A)著者のおすすめは、2チューナー500GBです。購入価格も抑えられるのでおすすめです。どのメーカーでも500GBモデルが一番少ない容量ですが、長時間録画機能を使えば、録画時間が足りなくなることはありませんので大丈夫です。

Q)ハードディスクの容量が一杯になったらどうすれば良い?

A)別売りの外付けハードディスクドライブ(略すと「外付けHDD」)を買えば、そちらに録画することができます。大抵のブルーレイレコーダーは、外付けハードディスクに対応しています。

Q)ブルーレイレコーダーを買ったけど、テレビと接続するケーブルが付属してないんだけど?

A)最近のブルーレイレコーダーは、テレビと接続するためのHDMIケーブルが付属されていません。一応、ブルーレイレコーダーをアマゾンなどで買うときは、付属されているかチェックしましょう。付属されていない場合は、別売りHDMIケーブルを買う必要があります(安いもので全然OK)。