2017年の安くておすすめなブルーレイレコーダー特集!

この記事では2017年の安くておすすめなレコーダーを紹介しています。2018年になり、ここで紹介しているレコーダーも在庫が少なくなっていますので、お安いうちにご検討ください。

2018年の最新おすすめレコーダーについては、2018年おすすめレコーダーの記事もありますので、お時間があれば参考にしてください。

スポンサーリンク

 サイト管理人の最もすすめるレコーダーはこれ!

パナソニック 500GB 2チューナー ブルーレイレコーダー 4Kアップコンバート対応 DIGA DMR-BRW520

ブルーレイレコーダーのチューナー数は、2チューナーが一般的です。他にも3チューナー以上の高価なレコーダーや、2TB(2000GB)以上の大容量のレコーダーもありますが、普通に使う程度であれば、2チューナー・500GBのレコーダーで十分満足できます。価格もブルーレイレコーダーの中では安い部類に入ります(3万円前半~4万円)。

2チューナーレコーダーは、500GBと1TB(1000GB)モデルに別れていることが多いのですが、個人的には、500GBの方をおすすめします。1TB(1000GB)モデルは値段が5000円ほど高くなりますし、そもそも、よほど録画し続けなければ、容量はそれほど必要ないからです。

また、500GBでも長時間録画機能を使うと、標準画質(1倍録画)するよりもたくさん録画することができます。画質の低下を考慮すると、3倍録画を使うのが一般的で、それだと普通に録画するよりも3倍の録画時間を確保することができます。長時間録画を使えば、500GBでも十分です。

スマホやタブレットで自宅のネットワークで視聴したい場合、BRW520では有線LAN接続で、1TBモデルのBRW1020は、Wi-Fi内蔵なので、ルーターと距離が離れていても無線通信ができます。

 <BRW520とは>

2016年にAmazonの売り上げ上位で、非常に人気の高かったBRW510の後継機です。

高画質性能・録画性能は、同社の3チューナー以上のレコーダー(BRZ1020など)と同じなので、性能の心配はまったくありません。

また、ハイレゾ音源再生や録画番組・BD/DVD再生時の音源をハイレゾ相当にアップコンバートさせる機能が付いていますので、高音質を楽しむこともできます。

2017年夏頃までには安くなると考えられるので、4万円を切るくらいまで値段が下がってきたときから狙い目で、できれば3万円台中盤で購入できるとよいと思います。

3チューナーでたっぷり録画したいならこれ!

パナソニック 1TB 3チューナー ブルーレイレコーダー 4Kアップコンバート対応 DIGA DMR-BRZ1020

3チューナーもあれば、同時に3番組を録画できるので、見たい番組を録画できないことはまずありません。1人で使用するなら、2チューナーで十分ですが、家族での使用を考えると、3チューナーレコーダーを選択したほうがよいかもしれません。チャンネルの奪い合いはなくなります。

BRZ1020は、BRZ1010の後継機です。チューナー数やハードディスク容量の違いを除けば、高画質性能やメニュー画面は、先の2チューナーBRW520や後述の1チューナーBRS520とまったく同じですが、BRZ1020はWi-Fiを内蔵しているので、ルーターと距離が離れていても気にする必要はありません。

BRZ1020も5万5千円程度まで安くなったときが狙い目です。先のBRW520と高画質性能は同じですので、チューナー数が3つ欲しい方や、大量に録画する予定のある方はこちらを選びましょう。

とにかく価格重視!一番安いレコーダー!

パナソニック 500GB 1チューナー ブルーレイレコーダー DIGA DMR-BRS520

「性能は必要最低限でいいから最も安いレコーダーが欲しい!」と思われている人におすすめです。低価格だけで探すと、行き着くのは1チューナーレコーダーです。1チューナーなら3万円前後まで値段が下がったときが狙い目です。MAXで2万円台後半のときもあります。

ただ、価格に魅力を感じてしまうものの、夜のドラマや映画・ドキュメンタリー番組など、見たい番組が重なることは意外と多いので、できれば2チューナー・500GBを選択肢に入れたほうが、あとあと後悔することは少ないと思います。

また、一番上に紹介した2チューナー・500GB「BRW520」と価格が数千円しか変わらないときもあるので、そういう時期(7~8月、年末)は、2チューナーも選択肢に入れたほうが良いと考えます

それでも、割り切って安いレコーダーでよいと思える方は、こちらのパナソニックBRS520を選んでしまいましょう。

低価格ですが、映像処理性能やメニュー操作は、パナソニックの上位機種と同じなので、レコーダー自体の性能を心配する必要はありません。ライトな使い方をするなら、十分満足できるレコーダーです。

BRS520は、2016年10月に発売されたモデルです。2017年の春を過ぎるまでは、少し値段が高いかもしれませんが、夏頃には3万円前後になるだろうと個人的には予測しています。

この記事では、2017年のおすすめブルーレイレコーダーを紹介しました。チューナー数ごとに最もオススメのレコーダーを厳選しています。選ぶのに迷ったら、ここで紹介しているレコーダーを思い出してもらえば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。