2015年末に買うべきレコーダー

スポンサーリンク

2015年後半に入り、新製品が登場しつつあるが

2015年末~2016年始に向けて、お正月休み前には、ブルーレイレコーダーの需要も高まると思われます。そこで、この記事では、「今買い時なレコーダーはどんな機種なのか?」ということを考えていきたいと思います。そんな折、2015年10月に、これからの売れ筋機種を担うであろう、パナソニックの新商品が登場しました。ラインナップは以下の通りです。

・3チューナー:DIGA DMR-BRZ1010(BRZ1000の後継機)
・2チューナー:DIGA DMR-BRW1010(BRW1000の後継機)
・2チューナー:DIGA DMR-BRW510(BRW500の後継機)
・1チューナー:DIGA DMR-BRS510(BRS500の後継機) など

新製品はまだ価格が高め

ネットショッピングサイトで新機種ブルーレイレコーダーの価格を見ると、まだ発売したばかりで、価格は現行機よりも、数千円高いようです(2016年1月現在)。この傾向は、他メーカーから新商品が発売されたとしても、同様のことがいえます。「でも、最新のレコーダーが欲しい!」と思う方は、もちろん、こちらを選ばれても良いと思いますが、新機種は、まだユーザーの評価(レビュー)なども挙げられていないですし、スペック(性能・機能)を見ても、現行機のマイナーチェンジ(小さな仕様の変更)といえます。なお、新機種と現行機種の価格差は日々変動していますから、購入前にチェックされることをおすすめします。

2015年末に向けて、ブルーレイレコーダーの「買い時は今」

そこで、「今買うなら、どのレコーダーが良いか?」ということですが、やはり、評価(レビュー)が出尽くしている、現行機種を選ぶのが、出費を抑える賢い選択だと思います。これから徐々に旧式化していくとはいえ、安くなっている現行機種は、新機種と大きな性能・機能面の差は見られませんから、2015年末に向けて、ブルーレイレコーダーの買い時はまさに今(2015年10月~12月末)と考えます。2015年10月時点で、現行機種は、すでに底値を付けているといえますから、待っていても、これ以上安くなることはないでしょう。ですから、2015年の内なら、いつでも買い時な状況です。現行機種の在庫がある内(安くなっている時期)に、ご購入を検討されるのがおすすめで、2016年になっても、在庫がある内は買い時だと思います。なお、2015年10月以降に販売された新機種が、お求めやすい価格になるのは、2016年春~夏以降と考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。